ゴールデンレトリバー椎名と榛名・管理人のとても個人的な話です


by syiiko
カレンダー

<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

椎名の手作り服2作目

まだ2作目かいっっ!と突っ込まれそう^^;
リブがびよよん作品から、時間が無くて出来なかった...。

でもロックミシン買っちゃったし~。もう後には引けない...。
一回しか作ってないのに、材料と機材ばかりが充実していく~♪←現実逃避

さすがにこれではいかんと奮起し、GWのお泊り用の服を作る事に!
前回の教訓を活かして、がっちりリブもあるし、布も買ってある。型紙も丈がつんつるてんだったのを直して準備ばんたんっ。

いざ縫い始め...、おぉ~!ロックミシンってらくちん!手間が半分!
がんがん縫っていったところで、縫い目がおかしいのに気付く...。
「何だか裏側に、ばっかで~す♪と言ってるようなループがピョンピョン出てる~!」
(注:もう半分縫い終わってます)

それから一時間、素人が糸調子と格闘しました。
何も変わらんし、良くもならん!(_ _)明日が出発の日なのに、荷造りの時間も無くなってもうた。
・・・そこで思い出したのが、P太郎ママさんの“ロクちゃんの巻”の一言。
「一箇所糸が通って無かっただけだった~」
え~、でも何回も糸の道確認したし、それは無いだろ~、と思いつつ、もう糸通し直してみるしかないじゃろ、とやってみました。

そうしたら何と、直った~(ToT)/~~~糸調子のダイヤルにクイッと糸が食い込んで無いだけだったみたい(ToT)

そうして出来上がった2作目、寝ている椎名を起して携帯で撮影し、さ、ブログにアップ♪と思った所で画像取り込み媒体のデジカメが無い事に気付く。
そうなんです、旅行前に故障して修理中。
はぁ~。何やってんだ私。荷造りもしてない。どうなる~旅行~。
[PR]
by syiiko | 2006-04-29 01:19 | いろいろハンドメイド

久しぶりの遠出

今日は午前中椎名のシャンプーをしてもらって、その後夕方までの空いた時間にちょっと遠出しました。
というのも、こちら秋田でもようやく桜が咲き始めたので、ちょっとでも“花見”らしきものをしたい!とブッチさんに主張したんです。
それでは、と言う事で、より咲いていそうな県南の方に向かってドライブ~♪

途中で良さそうな公園を発見したので、そこで散歩。
でもおぉっ、と思えるほど咲いていたのは↓これ一本位でした。
f0065643_0391630.jpg
















でも、ちょとした海沿いのドライブ・のどかで小奇麗な公園の発見という嬉しいおまけがあったので、満足満足なプチ花見でした。

f0065643_0433210.jpg
池のほとりでタッタカタ~















f0065643_0445589.jpgf0065643_045118.jpg
















ヤブツバキの群生地もありました


f0065643_0462619.jpg
「母さん、ここが芝生の広場ですか?」 

いいえ違います。
道に迷って高台に到着してしまいした。でもいい眺めだからこれも正解だ。
[PR]
by syiiko | 2006-04-26 22:32 | 毎日のこと
まずい...。
こんなにテンション上がってGWを待ち望んでいるのに、ブッチさんが風邪ひきました。
数日げっほげっほ言っていて、苦しそう...。
そして、何を隠そう、もれなく私の喉もいや~なかんじに腫れてきている!!うつった~(ToT)ちっくしょ~!
ごろごろ違和感が~!頭も痛いし、夕方は顔がちと暑いです。

と言う事で、数日体調回復に励み、なるべく早く帰ってきて、早くご飯食べて、おフロで体をあっためて早寝する!という事をやっておりました。
そのかいあって、ちょっと良くなったような気がします。
でもまだ喉と頭が痛いので、気を抜かず、早く寝ます。

そんでも昨日は、熱っぽい状態ではありながら、椎名のごった煮汁を作りました。
小松菜・カブ・カブの葉・にんじん・水菜・椎茸(いつも共食いかな~と思いながら入れてます)・ひじき・トリのささみ・アスパラが入ったと思います。ジャガイモを入れ忘れました。
ひじき・ささみ・椎茸以外は、毎週来る無農薬野菜です。
無農薬野菜は、ネットで取り寄せています。いろいろ見たお店の中から選んで決めた所なのだけど、その中では一番安かったと思います。野菜も満足できる量が届くのだけど、う~ん、と思うのは、大体同じような野菜しかこない所かなあ。自然な農業という意味では、それが当たり前なんでしょうね。でも手作りの分バランスを考えて、椎名にいろんな物を食わせにゃ!という意気込みがあるので、スーパーで買い足して食べさせるのか迷う所です。

おっと、早く寝ると言いながらこんな時間!寝んべ。



今日のお散歩中、雨に降られました。東屋で雨宿り。
f0065643_083395.jpg
「早くやまないっかな~」     元気なのはあんただけね・・・。
[PR]
by syiiko | 2006-04-25 00:11 | 毎日のこと

性格の不一致!?

ゴールデンウィーク、那須高原に決まるまでは山あり谷あり、いろいろあったの。
多分私とブッチさんの性格の違いがあるのよねぇ。

私は普段どんぶり勘定で生きているのだけど、ブッチさんは几帳面。
でも旅行とかの計画は、早め早めが必須の私。何時に出発してどこに寄って、ご飯の美味しいお店をリサーチして人気のお土産も外さないように!なんちて目処が立つまで他の何も手に付かない!特に宿は“無くなっちゃうよ~”という焦りがすごいんだよね~。

なのに!ブッチさん普段几帳面なくせに、旅行は“行き当たりばったり”が好きなんです(-_-;)

宿無くなっちゃうよ!無くなっちゃうよ!無くなっちゃうよーーー!!!と叫ぶ私に
「忙しいから後で!」とけむたがるブッチさん。(確かにチョー忙しいんだけどさ)
思い起こせば、連休前になると良く喧嘩してるように思う...。

今回もなかなか計画が進まなくて、やっきーもっきーしたけど、言いたい事言って、行き先が決まって、宿が決まってくれたので、もう安心~。
言いたい事言っちゃうとすっきりしてケロッとするげんきんな性格の私。まあ、この辺も対照的なブッチさんの性格は伏せておこう( ̄ー ̄)


f0065643_0334168.jpg

         「ブッチさんも大変だよね~」by椎名
          どういう意味じゃ~(*`θ´*)
[PR]
by syiiko | 2006-04-21 00:41 | 毎日のこと

花~

今日の散歩は春っぽく花を探しながら行ことに。
ニュースを見ると世の中春ですが、秋田の3月は春らしく生ぬるい日もあれば、まだ冬よりの寒い日もあります~。
でも、ちょっとずつきれいな色が道々に見られるようになってきました。

ということで...

f0065643_23393792.jpg
水仙と椎名。英名ナルシス~。
せっかく花と一緒に微笑む椎名を撮ろうとしたのに、いきなり表情が曇る椎名です。
顔が引きつってます。でも丁度女子中学生が通りかかり、こっちを見ているのがわかっていたので引き下がった私。誰もいなければ、「ちょっと椎名!こっち!も~、こっちみんしゃい!」と騒いでるところです。(椎名命拾い)





は~、一枚目の写真でなんだが出鼻をくじかれ、花探し、どうでも良くなりました~。
でももう少しで家につく所で、私の大好きな花を見つけました。

f0065643_23511329.jpg
沈丁花です。このかほり、大好きです。
いつか家の庭にも植えたいなあ。

ちなみに、椎名の鼻は時々、メープルシロップのかほりがします。
[PR]
by syiiko | 2006-04-20 00:01 | 毎日のこと

ゴールデンウィーク♪

「お母さん今日のご飯はなあに?」
「今日はねえ、マーボー那須よ。」


・・・・。くだらなくてすいません。でもいいの。浮かれてるの♪
ゴールデンウィーク、那須にいくよ~♪ララ~♪
犬天国(P太郎ママさん情報)、見てきますわよ~。

最初は山形方面を計画していたのに、ちょっとしたきっかけがあって、ブッチさん張り切っちゃいましたのよ。うわーい!犬バカ万歳!

那須高原はちょっと遠くて、ネットで見てもウェルカムワンコ!の土地なのは分かったけど、行けないだろうな...と思ってたのに。椎名を連れて行けるなんて!うっふーん!

ちょっと考えても無かったので、宿予約のスタートが遅れて、妥協せざるをえない所もあったけどとりあえず確保できたし。(山形と違ってうまるの早!比べるなって?)

あーーーーー、た・の・し・み!



f0065643_032166.jpg

    うたた寝する椎名。那須に行けるとも知らずに。うししっっ。
[PR]
by syiiko | 2006-04-17 00:53 | 毎日のこと

腫瘍の認定医④

秋田から一ノ関まで、2時間くらいだったでしょうか。
腫瘍の認定医の先生がいるさとう動物病院という病院まで、ぶっちさんの運転で向かいました。
事前にインターネットで所在地を細かく調べて行ったので、すーんなり一発で到着!ぶっちさんはすごいのです。

その手の筋(変な表現?)からはすごーく有名な先生らしいので、どんだけ待つのかな~...でもいくらでも待つ!という決意を持って行ったんですが、私ら一行以外来ている人がいなく、すんなり診察が始まりました。

事前にメールでは、今までの経緯を話し、実は手術の相談もしました。その病院では手術の際になるべく犬に術後痛みが無く、そして治りも早いという特別な診療(名前忘れました^^;)をしていて、手術するんでも、ここだ!と決めてました。術後何日滞在すればいいか、とか、術後どれくらいで長距離の移動に椎名が耐えられるようになるか、とかも相談していて、それはまず診察の結果をみて話を決めましょうと言う事になってました。

実際に診てもらうと、素人ながら違うな!と思ったのが、シコリの触り方でした。触診というやつですね。ものっすごい触るんです。ぐりぐりぐりぐり。けっこう強く。しばらくそうやって触った後に、「それでは細胞を摂って検査しましょう」となり、注射みたいな器具で、太もものシコリ・前からある腰のシコリの細胞を検査してくれました。
摂った細胞は、ガラスの板に載せ(何て言うんでしたっけ?)顕微鏡でのぞき、調べられていました。
結果は、「うん、これはただの脂肪ですね。大丈夫です。悪性のものではありません。」
という言葉でした。良かった!本当に良かった!!椎名は癌じゃ無かった!!
ただ、ちょっとやっかいな場所に出来ているのは確かだという事でした。
今はイチゴくらいの大きさだけど、もっと大きくなる可能性があると言われました。ただ多少歩行に支障が出る(ビッコ引くとか)かも知れないけれど、握りこぶしくらい(けっこう大きいもんですね!)までは問題ないですと言うことです。そして、それ以上に大きくなるとか、歩行に支障が出てきたりしない限りは、手術も必要ないと診断されました。
ただやはり、定期的にシコリをチェックし、急激に大きくなってきた・(触り方を教えてもらい)筋肉とシコリの境がはっきりしなくなった・(今はまあるくてプニプニしてますが)形がいびつになってきたり硬くなってきたら注意が必要です、というチェックポイントを教えられました。

そしてね、どんな治療がいいとか悪いとかは、状況にもよるし、こうした方が絶対いいよ!とは言えませんが、私が検査無しの手術に疑問をもってたどり着いた先生の判断は、私にとって納得のいくもので、その先生の意見は、まず検査をしてから手術が必要か判断すると言うものでした。
どんな判断が、どんな結果を生むかというのは、その時の先生の判断・飼い主の判断・犬の状態によって、さまざまだと思います。でも、私と同じ様な疑問を持って悩んでいる人がいたら、参考になればなと思って書きました。あくまでも、参考にですよ(^^)

1年以上経った今、このシコリはまだありますが、幸い大きさ・硬さは変わっていません。腰のシコリは、手作り食にしてから殆ど分からない程度まで小さくなりました!(^^)!
でも、実は9歳に差し掛かってきた今、新たなシコリも出てきたのも確かです。小さいですけどね。ちょっと遠いので、半年に一回とはいかないですけど、油断はしたくないなと思っているので、一年に一回はさとう動物病院さんまで椎名を検査に連れて行きたいと思っています。「なるべく手術をしない」という決断をした以上、定期的なケアはしてあげなきゃと考えています。
と言う事で、ぶっちさん、、またよろしくね(^^)v

結果が分かった時、いつもと変わらない椎名の「えへ」っとした顔を見ると、全て分かっていたような顔で、「オレは最初から元気だって言ったじゃん♪」と言ってるように見えました。私は椎名に“元気でいてくれてありがとう!”と伝えました。

f0065643_0305729.jpg

          いつまでも元気でいてくりよ!
[PR]
by syiiko | 2006-04-13 00:52 | 病気・怪我のこと

腫瘍の認定医③

太ももにめり込んだ大きなシコリ...。
少し前から椎名の皮膚の湿疹を診てもらっていた病院に、休みの日を首をなが~くして待って駆け込みました。
その病院は知り合いの紹介で、一度診察してもらった時は、なるべく薬を使わないでという方針を語られ、なかなか印象は良かったんです。←もうすでに過去形
でも、太ももの筋肉にめり込んだシコリを診ると、「う~ん、こういうタイプのシコリはちょっと問題あるねぇ...。手術が必要だね。」と言ったのです。
みるからにやばそうなシコリなのは分かっていたけど、え!?すぐ手術!?細胞とって検査とか無いの???と私は頭の中で疑問がいっぱいでしたよ。だって、人間の場合は必ず検査ってあるでしょ?簡単に取れない場所ならともかく、手で触れる場所だし。
(これって当たり前?いや、おかしいよね・・・。でも意見したらこの病院とのお付き合いは(ーー;)・・)「そうなんですね...」などとあいまいに相槌をうちながら頭はフル回転してさあどっち!?とやってました。
私の出した答え→「先生、こういう場合、細胞をこう、ちょっと細い針みたいな道具で摂って検査とかって、やってくれるのかと思ったんですけどぉ...」
やっぱり納得できなくて聞きました。そうしたら見事にその先生逆切れしたんですよね(-_-;)
「そういう病院もありますよ。○○動物病院とか。そっちの方が設備も整ってるし、いいですよ、そっちに診てもらって!」というような事を言われました。
でも一部の細胞を摂って検査しても100%じゃないし、とか、○○君(知り合いの犬)は何回も摂ってるしとか、いろいろまくしたてられて、一応その時は手術の予約をして帰りました。
だって、極め付けに悪性っぽいから早いほうがいいなんて言われて、もうちょっと考えますと言える飼い主なんていないですよね。想像もしていなかったいきなりの手術の話と、やっぱり悪性っぽいというショックで、泣かないで会計まで済ますのでやっとでした。

でも、家に帰って、一人で椎名にいろいろ話しかけながら、ちょっと涙して、抱きしめて、自分の気持ちを落ち着けて冷静に考えれば考えるほど疑問に思いました。
「人間で言ったら子供位の体重しかないんだよな...。人間の子供だったら、全身麻酔の手術、こんな簡単に決めるだろうか...」
簡単に手術するべきでは無い、もっと手を尽くしてからでも遅くは無いのではないか?私の中で、そう結論が出ました。
その時インターネットで私が探した事が、犬の癌の専門の先生はいないだろうか、と言うことでした。そうしてヒットしたのが「日本獣医がん研究会」(http://www.jvcs.jp/menu/board/)と言うサイトです。
そして何と!!「腫瘍の認定医」の先生がただお一方東北にいらっしゃるではないか!!そしてそして何と何と!!!!
その動物病院がある岩手県一関市には、その当時私の父母が転勤で住んでいたんです!
ちょっと奇跡みたいなその状況に、一人興奮し、この一連の出来事をぶっちさんに話すと、「椎名のためだ!一ノ関まで行こう!」←初代椎名命発言 となりました。
とりあえずメールでざっと状況説明をしつつ、診察のお願いをすると、(お忙しい先生っぽかったんですが)以外にもすんなりタイミングが合い、早速次の連休に伺うことになりました。

つづく。

f0065643_1353585.jpg

         「待ちくたびれたぜ。ようやく出発?」
[PR]
by syiiko | 2006-04-11 01:39 | 病気・怪我のこと

腫瘍の認定医②

シコリにシップ薬事件から結局一年位様子を見続けました。背中のシコリは殆ど変わらなかったんですが、腰のシコリはちょっとずつ大きくなって、最初小豆位だったのが、さくらんぼ位になっていました。
すご~く不安なんだけど、シップ薬事件のトラウマで、シコリの事を獣医さんに相談しに行く次の一歩がなかなか踏み出せずに、気持ちがすっきりしない状態が続きました。
でも...悪性だったら取り返しがつかなかったよなぁ。反省です。まあ元気だったから様子見れたんですけどね。

でもその後...だまって様子を見ていられないものを発見したのです。
そうです、第3のシコリ!!!しかも後ろ足の太ももの筋肉にめり込んでいる、もうすでにイチゴくらいの大きさものを!私の簡単な“良性の定義”から思いっきり外れたシコリです!

椎名のシャンプーをしていたら、濡れて毛並みがぺったりとなった足に、ポコッという膨らみが見えて、なんじゃこりゃ?反対の足には...?無いじゃん。.....ぎょえぇぇぇぇっぇぇぇっぇぇぇぇぇぇ!でっかいしこりじゃ~~~~~(ToT)/めり込んでるし~~~~~!
となったわけです。

その少し前から、いきなり皮膚に湿疹が出始めたりもしていて、インターネットで色々調べては、何もかも「癌の症状なんじゃ...?」と癌につなげてしまって、いてもたってもいられない状態でした。
そして丁度、同じくゴールデン飼いの知り合いから“なかないい”と勧められた病院に、皮膚の湿疹を見てもらいに一度行き、印象もまあまあだったので、シコリの事もすぐさま診てもらいに行ったのです。

つづく。
今日も認定医さんは出てこなかった...。すみません..。

f0065643_0312923.jpg

         「母さん、話が長いよ。オレ疲れてきた...」
        皆さんもどうぞアゴを机にのせて気長にお待ちください。
[PR]
by syiiko | 2006-04-10 00:40 | 病気・怪我のこと

腫瘍の認定医①

「腫瘍の認定医」という言葉を、いつもおじゃまするゆめ鼓さんのブログで見た。
実は、椎名も一度お世話になりました、「腫瘍の認定医」さんに。
その事を書いておこうと思った。

椎名の体にちらほらとしこりが出てき始めたのは、確か6歳位からだったような。
大きさは小豆位のが二つ。腰と背中に見つけた。今のところだたの脂肪腫みたいで良性だけど、さすがに初めてしこりを見つけたときはショックを受けました。とうとうきたか...と受け入れるまで、しばし一人でぼ~っとしたりして。

そして最初に行った病院では、「よく見つけたねー。んー、ちょっと熱持ってるみたいだから、シップ薬塗って様子見よう!」と言われた。今思うと、笑っちゃうくらい幼稚な診察だったなあ。
でもその時は、シップ薬塗って良くなるなら...とかすかに期待して塗ったりしてた。
その後経過を見せに行ったときに、シップ薬をきれいにふき取ってから行ったら、その獣医さんに「ちゃんと塗ってあげなかったんだろ!ちゃんと塗ってたらこんなにきれいなはずが無い!」と一方的に暴言をはかれて、二度と行かなくなった。これは今考えてもムカムカする出来事ですっ。
その事があって、病院選びに腰が引けたというか、獣医も適当な奴がいるんだと不安になって、しばらく自分で腫瘍についてネットで調べたりした。とりあえず「皮膚と一緒に動く腫瘍」は比較的良性が多いらしいと言うのが分かって、幸い椎名のしこりもそういうタイプだったので、多少不安に思いながらも様子を見ることにした。

つづく。

^^;いつ認定医さん出てこれるだろ...

f0065643_020750.jpg

       「オレの乗せ芸でも見て、気長にお待ち下さい」
[PR]
by syiiko | 2006-04-09 00:24 | 病気・怪我のこと