ゴールデンレトリバー椎名と榛名・管理人のとても個人的な話です


by syiiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

椎名が家に来たわけ①

9年前、父親が家を建てた。
もう40代後半の父だったけど、それまで転勤族をやってきたので、初めてのマイホームだった。

私は“犬を飼う事”に憧れがあり、父は幼少期に犬を飼ったことがあった。
ずっとアパート暮らしだった事もあり、二人で「家を建てたら犬を飼いたい!」という事を、マイホームの設計段階から熱く語っていた。

高校の時に、犬を飼えない代わりに(?)と、「世界の犬種図鑑」という本を買った。f0065643_0162345.jpg当時5千円のお小遣いで暮らしていた時分に、3900円の買い物だった。その本は、その犬の生い立ち(犬種として成り立つまで)や、その生業、性格、注意点などがユーモアの効いた愛情あふれる文章で綴られている。私はその本を、まるで小説でも読むかのように、全ての犬種、隅から隅まで読破した。

父との相談の時も、その本を参考に、初めて飼うんだから、こんな犬がいいとか、この犬種はどうだとか言いながら話し合った。でもその中に、ゴールデンレトリバーという名前は、一回も出てこなかった。なにしろ大型犬だ。いくらおとなしい家庭犬と書かれていても、候補にすら上がらなかった。

それが、父の兄である叔父さんが、「知り合いの所でもうすぐゴールデンレトリバーの子犬が産まれる。自分はもう一頭もらうことになっているから、お前のところもどうだ。家もお前のところの近所だぞ。」と声をかけてくれた。
その叔父さんは私が小さい時からハスキーを何頭か飼っていて、犬を飼う事に関しての先輩でもあり、相談できる一番身近な人だった。私と父は(・・・ゴールデンって大型犬だよな・・・。)とお互いに不安が頭をよぎったが、そこは親子、挑発に乗るタイプというか、出来ないとは言いたくないタイプというか・・・、大きい犬ってなんか不安♪と素直に言えず、むしろ「いいねぇーー!ゴールデン!」なんて二人して強がった。そう、おもいっきり強がったよね、あの時。そうだろ、おとう。
そいうことで、後日椎名の実家に、お父さん犬とお母さん犬を見させてもらいに行く事になったのだ。
f0065643_0253759.jpgつづくー
[PR]
by syiiko | 2006-02-19 00:27 | 思い出