ゴールデンレトリバー椎名と榛名・管理人のとても個人的な話です


by syiiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

椎名の目④

10分位で検査の機械が空いて、椎名の目も私らから見ても瞳孔全開だとすぐ分かるくらいになった。いよいよ最後の検査。

薄暗くされた診察室の中で、大きく開いて良く様子が分かるようになった瞳孔に、レーザー光線みたいに縦に光るライトをいろんな角度から当て検査された。
あと、びっくりした事に、目にもエコーをかけられた!婦人科とかでよく見られるようなあのエコー!器具はもちろん小さいけど、椎名の目玉にぐりぐりぐりぐり!
たぶんあれでしこりとかそんなもんをチェックしてたんだと思う。
福島先生の診察の様子を真剣に見守る、シーンとした診察室の中で、むぎゅっと顔をつかまれ、目玉ぐりぐりされてる椎名を見て、「か..かわいい...」と言いそうになるのを必死でこらえた不謹慎な椎子。
後で「言ったらやばかったよね?」と一応ぶっちさんに確認したら当たり前だとのこと。言わなくて良かった。

そして結果...。
まず、左目の瞳孔が開きっぱなしの症状について。
最初のほうに撮影された、目玉のどアップ写真に、動向の淵が映し出されていて、まあるい綺麗なラインの途中に何箇所かなみなみした部分かあった。
何とそこは、中の水晶体と瞳孔の膜が癒着しているのだという。正常な場合は全部の淵は綺麗なラインで、瞳孔の膜と水晶体の間にワンクッションあって瞳孔が自由に動いて光の量を調整する。それが部分的に癒着しているから、現状より小さくなれないし大きくもならないそうな。
原因は今現在炎症などは見られないので推測だけど、以前に目に炎症があったことがあるとこうなる事もあると言っていた。
右目の瞳孔の淵もブサブサしているところがあったので、まさかこっちは縮んだまま固まってるのか!?と不安になったけど、またぶさぶさ違いで、「このなみなみは一種の老化現象で正常に動いてます。」と言われた。何と、わんこの眼、奥が深いぞ。
瞳孔の淵がぶさぶさしていたのは前から知っていたけど、犬ってこんなもんなのかな・・・なんて思っていた自分、反省。以前にあったのかも知れない炎症にも気づいてあげれなくて、椎名ごめんよ。

それからいよいよ白内障。いったい今どれくらい進行しているのか、手術という選択肢はあるのか、もし手術するならいつ?どこで?
どんなことでもこのさいどんと来いっと気合を入れて福島先生の話を聞いた。
レーザー光線みたいな縦に光るライトを椎名の全開の瞳孔にあて、お母さんちょっと見てくださいと、光で瞳孔に浮かび上がった模様を見るように言われた。
先生「見てください、木の年輪のようなドーナツ状の模様が見えますか?」
椎子「はい、見えます!」もやーっと、雲でできた真ん中に穴の開いたドーナツみたいな模様がはっきりあった。
先生「これはね、年をとってきて水晶体がだんだん中によって固まってきているから、こんな年輪みたいな形が見えるんですね。それで密度が濃い部分が白っぽく見えるんです。白内障じゃ無いですね。」
椎子「ふーん...。へぇー...。.....はいぃ!?!?!?!」先生今なんて!?
先生「これもまあ核硬化症というものではありますが、老化現象で病気では無いですよ。白内障ではないです。目は問題なく見えてますし、瞳孔の癒着もそんなに生活に支障はありません。今現在で何の治療の必要もありませんよ。」
白内障じゃない!!!!!
びっくりして大学病院の先生に「白内障じゃないんですか?」と何回も聞いたので、アホだと思われたかもしれません。
今後のアドバイスとして、目にいいビタミンAをとる事と、定期的な検診はやるにこした事は無いと言っていた。

検査しないと白内障と核硬化症の違いはわからないらしい。そして大抵白内障で片付けられるらしい。
白内障といわれ、目が見えなくなってよたよた歩く椎名を想像し、気持ちが沈んでは、まったりと寝入る椎名をしみじみ見て私が落ち込んじゃいかんと自分と椎名を励ました。効果は無いらしいという噂でも、少しでも違うならと毎日6回、目薬を点した。椎名のためならっと力強いぶっとび発言をしたぶっちさん、やたらと新聞の広告にのってたブルーベリー飲料椎名に勧めてたっけ。

はぁぁぁぁぁぁ。若いままとはいかないものの、とりあえず椎名の”病気”から開放された私たち。
後から聞いたら、ぶっちさんは診察室を出る時、感極まって泣きそうだったんだそうな。
でも私がけっこう、クールにさばさばしていたから我慢したらしい。
実際のところ私は、プチ放心状態でした。病院を後に車に乗り込み、心配していた家族に報告の電話をした位に、ようやくしみじみと、思いもよらない大どんでん返しだったんだ!!とうれしさと安心した気持ちがわいてきた。

どんな事に関してもそうだと思いますが、あまり深刻でもだめだし軽視してもうまくない。
何か気づいて、かかりつけの病院で診てもらった結論に疑問を感じたら、やっぱりその事をよく知っているところに診せる!つくづくそう思いましたよ。
だって、帰ってきてからの3人の生活、家族の気持ち、全然変わったんだからね♪
f0065643_2475282.jpg
まだまだ元気なオレ!
[PR]
by syiiko | 2006-02-11 02:48 | 病気・怪我のこと