ゴールデンレトリバー椎名と榛名・管理人のとても個人的な話です


by syiiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

椎名の目②

とりあえず言われたとおり目薬を一日6回点して、目にいいサプリを探して毎日ご飯に混ぜて飲ませ始めた。

鼻よりも耳よりも、目でいろんな事を認識して暮らしている椎名。椎名の目、大好きな家族の顔がいずれ見えなくなっちゃうのかな・・・。治す方法があるんだったらと、眼科専門の獣医さんや施設についてネットでいろいろ調べてみたりもした。

でも目が見えなくても普通に暮らしてる犬もいるし(あたりまえだけど)、失明を「年をとった犬だからしょうがない」と受け入れる人もいる。命にかかわるわけじゃないし、だんだん年をとってきている椎名に、飼い主の”見えていたほうがいいだろう”という想像で手術させるのはどうなんだろう。

いろんな事が頭に浮かんで、行動に出るべきという考えと、こういう事もあるんだと受け入れるべきという考えが堂々巡りで、結論が出せずにいた。

迷ってる私に、ずばっと答えを出させたのは、同じく椎名によるわんこ中毒に日々悩まされている、パートナーのぶっちさんの言葉。
椎名は絶対に長生きするんだから、生きている間不自由させたらだめだ!東京でもどこでも椎名の目を治してくれる所があるんだったら連れて行こう!!」
不確定要素を確定させちゃってるし、偏り満載の突っ走っちゃってる意見だったけど、本心は犬バカと言われようが何だろうが、出来る限り最善の処置を椎名にしてやりたいと思っていた私の気持ちを迷い無く代弁してくれたみたいだった。

そうだ!他の人が何だ!私はバカみたいに椎名のために駆けずり回るんだ!と決心。

秋田から一番近いところだと、青森県十和田市にある北里大学付属動物病院に眼科があると、メールで相談した東京のトライアングル動物病院の斉藤院長(眼科専門医の認証をお持ちです)から教えていただいた。

ということで、2月7日に行ってきた!←ちょっと興奮気味
報告は後日!
↓何か不安なオレ
f0063597_0174379.jpg
椎名「けっこう遠いんじゃないの?だいじょぶ?」
椎子「大丈夫!運転ぶっちさんだし!」
椎名「・・・ぶっちさんクロウしてるね」
[PR]
by syiiko | 2006-02-09 00:26 | 病気・怪我のこと