ゴールデンレトリバー椎名と榛名・管理人のとても個人的な話です


by syiiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

腫瘍の認定医②

シコリにシップ薬事件から結局一年位様子を見続けました。背中のシコリは殆ど変わらなかったんですが、腰のシコリはちょっとずつ大きくなって、最初小豆位だったのが、さくらんぼ位になっていました。
すご~く不安なんだけど、シップ薬事件のトラウマで、シコリの事を獣医さんに相談しに行く次の一歩がなかなか踏み出せずに、気持ちがすっきりしない状態が続きました。
でも...悪性だったら取り返しがつかなかったよなぁ。反省です。まあ元気だったから様子見れたんですけどね。

でもその後...だまって様子を見ていられないものを発見したのです。
そうです、第3のシコリ!!!しかも後ろ足の太ももの筋肉にめり込んでいる、もうすでにイチゴくらいの大きさものを!私の簡単な“良性の定義”から思いっきり外れたシコリです!

椎名のシャンプーをしていたら、濡れて毛並みがぺったりとなった足に、ポコッという膨らみが見えて、なんじゃこりゃ?反対の足には...?無いじゃん。.....ぎょえぇぇぇぇっぇぇぇっぇぇぇぇぇぇ!でっかいしこりじゃ~~~~~(ToT)/めり込んでるし~~~~~!
となったわけです。

その少し前から、いきなり皮膚に湿疹が出始めたりもしていて、インターネットで色々調べては、何もかも「癌の症状なんじゃ...?」と癌につなげてしまって、いてもたってもいられない状態でした。
そして丁度、同じくゴールデン飼いの知り合いから“なかないい”と勧められた病院に、皮膚の湿疹を見てもらいに一度行き、印象もまあまあだったので、シコリの事もすぐさま診てもらいに行ったのです。

つづく。
今日も認定医さんは出てこなかった...。すみません..。

f0065643_0312923.jpg

         「母さん、話が長いよ。オレ疲れてきた...」
        皆さんもどうぞアゴを机にのせて気長にお待ちください。
[PR]
by syiiko | 2006-04-10 00:40 | 病気・怪我のこと