ゴールデンレトリバー椎名と榛名・管理人のとても個人的な話です


by syiiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

腫瘍の認定医①

「腫瘍の認定医」という言葉を、いつもおじゃまするゆめ鼓さんのブログで見た。
実は、椎名も一度お世話になりました、「腫瘍の認定医」さんに。
その事を書いておこうと思った。

椎名の体にちらほらとしこりが出てき始めたのは、確か6歳位からだったような。
大きさは小豆位のが二つ。腰と背中に見つけた。今のところだたの脂肪腫みたいで良性だけど、さすがに初めてしこりを見つけたときはショックを受けました。とうとうきたか...と受け入れるまで、しばし一人でぼ~っとしたりして。

そして最初に行った病院では、「よく見つけたねー。んー、ちょっと熱持ってるみたいだから、シップ薬塗って様子見よう!」と言われた。今思うと、笑っちゃうくらい幼稚な診察だったなあ。
でもその時は、シップ薬塗って良くなるなら...とかすかに期待して塗ったりしてた。
その後経過を見せに行ったときに、シップ薬をきれいにふき取ってから行ったら、その獣医さんに「ちゃんと塗ってあげなかったんだろ!ちゃんと塗ってたらこんなにきれいなはずが無い!」と一方的に暴言をはかれて、二度と行かなくなった。これは今考えてもムカムカする出来事ですっ。
その事があって、病院選びに腰が引けたというか、獣医も適当な奴がいるんだと不安になって、しばらく自分で腫瘍についてネットで調べたりした。とりあえず「皮膚と一緒に動く腫瘍」は比較的良性が多いらしいと言うのが分かって、幸い椎名のしこりもそういうタイプだったので、多少不安に思いながらも様子を見ることにした。

つづく。

^^;いつ認定医さん出てこれるだろ...

f0065643_020750.jpg

       「オレの乗せ芸でも見て、気長にお待ち下さい」
[PR]
by syiiko | 2006-04-09 00:24 | 病気・怪我のこと